すべての人が、安心して
平和に暮らすことができる地域社会

キリストが弱い立場の人々に寄り添ったように、ハンディを持つ人々と共に生き、
一人ひとりのかけがえのなさと人間としての尊厳を大切にし、
すべての人が安心して平和に暮らすことができる地域社会づくりに貢献します。

社会福祉法人地の星

社会福祉法人地の星は、東京都町田市にて総合支援法に基づく生活介護「ベロニカ苑」、就労移行支援「風」、就労継続支援B型「ベロニカ苑Ⅱ」、特定相談支援「地の星なんでも相談室」、共同生活援助「ひかり」、短期入所「のぞみ」及び「虹」、地域生活支援(公益事業)「こだま」を経営しています。

壁紙作品

地の星では、毎月利用者がその月テーマを決めて壁画を作成し、1階の玄関ホールに展示しています。

7月の壁画作品
『“ROW,ROW,ROW Your Boat!”こげこげボートを!』

お知らせ

2020.6.29
お知らせ
新型コロナウイルスに関するお知らせ(6/29更新)詳細はこちら >
2020.7.15
イベント情報
七夕レポート
活動レポート「七夕」をアップしました。詳細はこちら >
2020.5.7
イベント情報
地の星活動レポート
地の星活動レポートをアップしました。詳細はこちら >
2020.4.17
お知らせ
職員処遇改善の取り組み
地の星の「職員処遇改善の取り組み」につきまして、「収支決算報告等法人公開情報」のページ内で公開しました。詳細はこちら >
2020.4.2
お知らせ
福祉車両の贈呈
「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」様より福祉車両を贈呈されました。詳細はこちら >
2020.3.27
イベント情報
風タピオラ8周年記念セールレポート
2020/3/6開催の風タピオラ8周年記念セールレポートをアップしました。詳細はこちら >
2020.3.18
お知らせ
第20回ベロニカ苑ともの会総会中止のお知らせ詳細はこちら >
2020.2.18
イベント情報
ベロニカの花チャリティーコンサートレポート
2020/2/9開催の第8回 ベロニカの花チャリティーコンサートレポートをアップしました。詳細はこちら >

施設案内

社会福祉法人地の星は生活介護「ベロニカ苑」、就労移行支援「風」、就労継続支援B型「ベロニカ苑Ⅱ」、特定相談支援「地の星なんでも相談室」、地域生活支援(公益事業)「こだま」、共同生活援助「ひかり(ユニットひかり・神社前・つばさ)」、短期入所「のぞみ」および「虹」を運営しています。


  • 地の星主催の祭り風景です。

  • 利用者や保護者の方が出店やお手伝いをしてくれました。

  • 近所お子様もたくさん来苑。今では恒例行事の一つとなっています。

  • 月代わりに1階ホールの壁に、利用者とスタッフ共同作品の壁絵が展示されます。

  • 毎年12月に降誕祭を行なっています。お世話になった方々を招き、利用者の成果発表を行ないます。

  • 各グループ歌や踊り、劇など工夫を凝らして発表をしていました。福祉新聞にも掲載されました。

共に生きる

この街で共に生きるために
そのやさしいまなざしで見守ってください
小さなつぶやきに耳を傾けてください
そして 時には・・・・・
手を差しのべ 寄り添ってください

この街で共に生きるために
ゆっくりですが 希望をもって歩みます
わずかですが 精いっぱい働きます
そして いつでも 訪れる人には
とっておきの笑顔で 歓迎します

採用情報

社会福祉法人地の星はスタッフの募集をしています。
ハンディを持つ人々と共に生きすべての人が安心して平和に暮らせる地域社会づくりを目指して、利用者の方々と一緒に活動をしてみませんか。 お互いに尊重、成長し合い、いきがいを感じることができる仕事です。